ダニ湿疹

ダニによる湿疹は、アトピー性皮膚炎など、ダニがアレルゲンとなっているものです。
ダニによる湿疹が疑われた場合、まずは対策を行うことが大切です。
ダニによる湿疹なのかどうなのか判別することが難しいものですが、ダニの場合、噛まれた後が二か所、ポツポツと残るので判別が出来ると言われています。

ダニによる湿疹ではないかと疑われた場合は、ダニ対策を行ってみて、改善されないようであればやはり皮膚科の受診をオススメします。
ダニが原因の場合、かなりの痒みが起こりますので、掻きむしってしまうようであれば、早めに皮膚科へ行き、薬を処方してもらった方がよいでしょう。

ダニの種類であるヒセンダニは、人に寄生し、人から人へ移る可能性がとても大きいです。
もしもダニによる湿疹があった場合、家族間で移る可能性が大きくなってしまいますから、早めの処置が必要となるでしょう。
できれば、家族全員で治療することで、早期治療が可能となります。

関連記事となります

 
Copyright © 2009 ダニに刺された!ダニ退治ナビ. All rights reserved