ダニの温床

ダニは湿気のあるところを好むため、人間の汗などで湿気の多い布団なども好んで住みつきます。
ダニが布団についてしまうことで、糞や死骸なども布団内に残り、アレルゲンとなりやすくなってしまいます。
ダニの温床となりやすい環境が、布団にはあるということなのです。

また、布団をしまっておく押入れも、ダニが繁殖しやすい環境だと言えるでしょう。
布団の湿気、ホコリなど、ダニの温床となる最適の環境となることが多いからです。
ダニ対策を行い、掃除をしても、押入れがダニの温床となってしまっていては、全く意味がないのです。

ダニを完全に無くすことは難しいことですが、繁殖を防ぎ、適切に掃除を行っていれば、最小限度に抑えることも可能なのです。
ダニの温床となりやすい場所を知ること、また、ダニの繁殖に最適な環境を作らないようにすることが重要でしょう。
ダニ対策の一つとして、湿気を取り除くことも重要です。
新聞紙を敷いたり、すのこをおいて隙間を作ることで、湿気対策にも有効です。

関連記事となります

 
Copyright © 2009 ダニに刺された!ダニ退治ナビ. All rights reserved