ダニさされ

ダニさされは腫れやかゆみを引き起こし非常に不快なものです。
ダニさされで赤いブツブツが出来てしまうだけではなく、さされたことからアレルゲンによる皮膚炎を発症してしまうことも少なくありません。
ダニさされは無理に掻きむしったりしなければ、それほどの痕が残ることは少ないですが、あまりにも症状がヒドイ場合は皮膚科へ行くようにしましょう。

ダニさされの原因で多いのはツメダニです。
ダニさされによる痒みなどはすぐに落ち着くことが多いですが、マダニによるものの場合、少々厄介です。
ダニさされが屋外の場合はマダニによるものが多く、1から2週間程度は離れずに血を吸い続けるのです。
このため、1週間程度は痒みが続いてしまいます。

ダニさされの痕を良く見てみると、二か所に小さな痕がついている場合は、ダニによるものですので、もしも痒み、腫れがあった場合は、よく観察してみましょう。
ダニによるものの場合、しっかりと対策を行いましょう。

関連記事となります

 
Copyright © 2009 ダニに刺された!ダニ退治ナビ. All rights reserved